読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Onik blog

偏差値50リーマンの頭の中

KEY(キー)について考える -バレットジャーナル

バレットジャーナルのキー(key)について考えます。

keyとは

素早く記録するためにタスクなどを箇条書きで書いていきますが、これを分かりやすくタスク、イベント、ノートの3つのカテゴリに分類するための記号です。

f:id:Nosh98:20170227054214j:plain

 

タスクのカテゴリ

 ・ タスク

 〇 イベント

  メモ

 

公式なものでこれだけあります。

自分も始めるときに、ノートに書き込んでいますが、実際に使い始めると使うもの、使わないものが見えてきます。

自分は「・タスク」「メモ」ばかりで、「〇イベント」はほとんど使わないですね。デイリーページに書き出すものは、仕事関連が多いからかもしれません。

本来はイベントに分類するようなものも、タスクとして書き出してしまっているのかもしれません。

 

タスクの状態

」はタスクとしてはまっさらな状態です。タスクの状態が変わったときに、すでに書いてある「・」の上から記号を書き込みます。

 × 完了したタスク
 > 翌日以降に移動したタスク
 < スケジューリングして行うべきタスク 

 

これだけだとちょっと足りないと考えていて、着手したこと、仕掛であることを表せる記号が欲しいなあと思っています。

これはいい表現がないか思案中です。

 

タスクの補足情報

タスクやメモに情報を付け加える記号です。自分はこの2種類しか使っていません。

 * 重要

 ? 後で調べる!

 

「*」はタスクが乱立してしまったときの優先度を設定します。特に重要なものは2つ「**」重ねたりもしています。

「?」はおそらく自分のオリジナルになってしまうと思います。打ち合わせ、会議などで出てきたキーワードなどを「ー」メモとして書き留めて。「?」を付けておきます。

後で調べておこうと思っていたけど、時間がたったら忘れてしまった!なんて経験がある人におすすめです。

自分はめっちゃ使います。

 

あと公式には、

 ! インスピレーション

 目 目のイメージです。どうも表現できなかったので・・・

 

「!」は「ーメモ」と組み合わせることで、ひらめきを表します。これはまったく使っていません。

「目」はさらに詳しい調査や情報が必要なときに使います。自分が「?」で表現しているところと近いかもしれません。

 

まとめ

KEY(キー)については、自分の使いやすい、分かりやすいことが1番です。まずは公式の記号から始めてみて、取捨選択していけばよいですし、足りないものがあれば、追加しちゃえです。

この柔軟さがバレットジャーナルの良さですね。

 

では、また。