Onik blog

偏差値50リーマンの頭の中

バレットジャーナルを始めてみた

The analog system for the  digital age

デジタル世代のためのアナログ手帳、と訳せばよいのでしょうか

 

すべて英語のサイトですが、Youtubeは見ているだけでなんとなく雰囲気が掴めます。
ほかにもBullet Journalで検索すれば、たくさんの動画が見つかります。
見ているだけでテンション上がるようなものがたくさん。
 
もともと手帳とか、文房具とか、書くこととか好きだった。
それとスケジュール管理、タスク管理をどうしようか悩んでいたので、とりあえずで始めてみた。
 
 まずはノートを準備します。

f:id:Nosh98:20170217061818j:plain

 アピカ - 紳士なノード プレミアムC.D. A5
ちょっといいやつ用意しました。めっちゃいいです。

さらさらです、インクがにじみません、

 

Keyとか決めて、

f:id:Nosh98:20170217063527j:plain

 

もちろん手間はかかりますが、もともと書くことが嫌いじゃないので、

ちまちま書き込んでます。

 

コピペってすごいな、って久しぶりに思いました。手書きしてると。

でも手書きって、キーボード入力よりも書いたことが頭に入りやすいです。

タスクが全然終わらなくて、翌日、翌々日…と何度も同じこと書いてると、「これ、本当にやる?」なんて気づきになったりします。

 

みなさんのバレットジャーナルを見ると、色とりどりのきれいなものばっかりだけど、

ここは男らしく飾り気のない(笑)やつを続けていこうと思います。

 

では、また。